メニュー

ブラックリストでも車のローンが通った!知恵袋ではわからない情報をご紹介!

ブラックリストに登録されていることで、車のローン契約ができないと悩んでいませんか?

「ブラックリスト入りしていると車のローン契約は無理」と聞かされて、あきらめかけているあなたへ。

実はブラックリストに載っていても、ローン契約できる方法があるんです!

この記事では、ブラックリストに登録されていても車に乗れる方法を紹介しています。

どうすれば乗れるのか、その方法をしっかり解説しますので、最後まで読んでみてくださいね。

\ブラックでも実績多数!税金コミの月額定額/

国産全車種対象!契約終了後に車がもらえる!

目次

まずはブラックリストとは何かについて確認

まずはブラックリストがどういうものか確認しておきましょう。(知っている方は読み飛ばしてください)

ブラックリストとは、個人の借金(ローン)の滞納履歴や債務整理など、お金に関する事故情報の記録のことです。

それらの記録は、以下の信用情報機関で保管されています。

CIC(割賦販売法貸金業法指定信用情報機関)クレジット関連の信用情報を管理
JICC(日本信用情報機構)消費者金融・銀行・保証会社の信用情報を管理
KSC(全国銀行個人信用情報センター)銀行関連の信用情報を管理

クレジット会社、銀行、消費者金融はこれらの機関に加盟しています。これらの期間の情報は共有されています。

以下のようなことをすると、信用情報機関に事故情報として登録されます。

  • 借金の支払が遅延、延滞している
  • 保証人や保証会社に代位弁済してもらった
  • 短期間で複数借り入れをしている
  • 任意整理している
  • 自己破産している

ブラックリストに載ってしまうと、以下のことができなくなります。

  • クレジットカードが使えなくなる
  • ローンが組めなくなる
  • スマホを分割払いで購入できなくなる
  • 引越しの審査に通らない可能性がある
  • 家族や友人の保証人になれない

ブラックリストは、借金を完済してから最長5年~7年で削除されます。

あくまで借金を完済している場合です。完済していない場合は半永久的に削除されません。

借金の額が大きすぎて、返済なんてできないという場合は、ブラックリストどうのこうの以前の問題です。

これ以上最悪な状況にならないように、すぐにでも得意な弁護士や司法書士に相談してみてください。

債務整理が得意な弁護士・司法書士検索サイト「ベンナビ債務整理」

自動車のローンの種類と借り入れのしやすさ

自動車ローンには、大きく3つに分けられます。

それぞれについて、借り入れのしやすさなども含めて見ていきましょう。

種類①:銀行系ローン

銀行や信用金庫などの金融機関から、車の購入資金の借入れを行うローンです。

ディーラーローンよりも金利相場が低いのがメリットですが、その分審査は厳しいです。

ブラックリストに載っている人は、銀行系ローンの審査に通ることはほぼできないでしょう。

種類②:ディーラーローン

ディーラーで新車を購入する際に利用できるローンで、提携している信販会社などから借入れします。

銀行系ローンよりも金利相場が高いですが、審査には通りやすいと言われています。

ただ銀行系ローンより通りやすいというだけで、信用情報のチェックが入るので、ブラックの人は厳しいです。

ただし、まとまった「頭金」や「保証人」を立てれば、審査に通る可能性もあります。

気になる方はディーラーに確認してみてくださいね。

種類③:自社ローン

中古車を購入する場合に、中古車販売店と直接契約を結ぶローンです。

信用情報のチェックはせず、販売店が独自の基準で審査を行います。

そのためブラックリストの人でも審査に通る可能性があります。

金利がかからないのが特徴ですが、手数料がすごく高かったり、保証人が必要な場合もあります。

利用する際は慎重に検討してくださいね。

ブラックリストに載っていても車のローンが通りやすい方法

方法①:自社ローンで中古車を購入する

前の章でもお伝えしたように、自社ローンの場合は信用情報のチェックが入りません。

なのでブラックリスト入りしている人でも、審査に通る可能性が高いです。

自社ローンは中古車販売店と契約するローンなので、当然購入するのは中古車になります。

できれば価格の安い中古車を選び、ローンの借入額を抑えて、返済できなくなるリスクを下げておきましょう。

方法②:滞納や未納の借金を完済する

ブラックリストから削除されるには、滞納や未払分のお金を完済しましょう。

ブラックリストから削除されるのは、完済してから5~7年もかかります。

しかし信用機関には完済している情報も登録されるため、審査に通る可能性が高くなります。

方法③:ローンの借入額を少なくする

ローンの審査では、現在の返済能力を基に借入額が適切かを判断します。

そのため、希望する借入額が少ければ少ないほど審査に通過しやすくなります。

価格の安い車を選んだり、頭金を用意することで、借入額を抑えることもできますよ。

方法④:連帯保証人を立てる

連帯保証人とは、契約者がローンの返済をできなくなったときに代わりに返済する人のことです。

  • 収入が安定している
  • ブラックリストに載っていない

このような連帯保証人を立てることで、審査に通過できる可能性があります。

ローンを使わずに車に乗る方法をご紹介

ローンの審査に通るのが難しい場合、ローンを使わずに車に乗る方法もあります。

それぞれの方法についてご紹介します。

方法①:現金で一括購入する

現金で一括購入すれば、ローンを利用する必要がありません。

信用情報をチェックされないので、ブラックリストでも車を購入できます。

ブラックリストの人には、一括購入はハードルが高いと思います。

安価な車や中古車など、無理しない範囲で購入してくださいね。

方法②:カーリース(サブスク)を利用する

カーリースであれば、ローンを利用するよりも審査は厳しくありません。

実際にローン審査に落ちても、カーリースなら審査に通ったという人はたくさんいらっしゃいます。

カーリースなら、保険料込みで定額なので、支払いの計画が立てやすいというメリットがあります。

カーリースの中でも「定額カルモくん」なら、ブラックリストでも契約できたという人が多数います。

店舗に行かなくても、オンラインで審査や申込みができるので便利ですよ!

\ブラックでも実績多数!税金コミの月額定額/

国産全車種対象!契約終了後に車がもらえる!

方法③:レンタカーやカーシェアリングを利用する

レンタカーやカーシェアリングであれば、ローン審査がありません。

自分が利用したいときに、利用したい時間だけ車を借りられます。

ただし利用するたびに予約が必要で、車が空いていなければ借りられない場合もあるのがデメリットです。

レンタカーやカーシェアは、登録時などにクレジットカードが必要なケースが多いです。

例えば「楽天カーシェア」なら、他人名義のクレジットカードが利用できます。

なので、ブラックリストに載っている人でも利用できますよ!

\初回利用1,000pt還元!2,000円OFFクーポンあり/

入会金・月額が無料!ガソリン代は実質0円!

まとめ:ブラックリストでも車のローンが通った!

ブラックリストには大きく以下の2種類があることを学びました。

  • 金融系ブラックリスト
  • 賃貸系ブラックリスト

またブラックリストに登録されていても、賃貸契約できる方法は以下のとおりでした。

  • 独立系の保証会社の物件を選ぶ
  • 家賃が安い物件を選ぶ
  • 築年数の古い物件を選ぶ
  • クレジットカードの作成が不要な物件

ブラックリストに登録されている状況でも車に乗りたいなら、この記事の内容を活用してください。

ローン審査が厳しければ、カーリースやレンタカーなどの選択肢もあるので、あきらめないでくださいね。

新たな一歩を踏み出して、車に乗れないかも?という悩みから脱出しましょう!

\ブラックでも実績多数!税金コミの月額定額/

国産全車種対象!契約終了後に車がもらえる!

よかったらシェアしてください
目次